テーピングの歴史

テーピングの歴史

 
 
療技術は日々進化しており、テーピング技術においても例外ではありません。
 
テーピングの基材、粘着剤、伸縮率、伸縮方向、撥水や防水機能、日々進化しています。
 
この章では、テーピングの始まりから昨今の流れまでを簡単に紹介していきます。
 
 

1.テーピングの始まり〜スポーツテーピングの普及

2.近年の流れ

テーピングの歴史記事一覧

テーピングの始まり〜スポーツテーピングの普及

テーピングの始まり現在の医療技術の発展はめまぐるしく、様々な先進医療,お薬による分子標的治療、そして多くの人を救える可能性がある、再生医療など、テレビや新聞で毎日のように報道されています。しかし、「治療」というものは、本能的に動物や人間が行っているものと思います。例えば日本人が大好きな温泉。これは温...

≫続きを読む

テーピングの近年の流れ

リハビリテーションの分野ではこのスポーツテーピングの利点を生かし、固定という欠点を補った、ファンクショナルテーピングというのが考案されました。当時のテーピングの主たる目的としては、関節固定によって患部を安静にすることでした。しかしスポーツ動作では関節を固定してしまうと、パフォーマンスを低下させてしま...

≫続きを読む


ホーム 協会について テーピングセミナー おすすめテーピング お問い合わせ