テーピングの保存方法

テーピングには、品質保証期限というものが存在しております。パッケージなどでご確認下さい。あるメーカーに問い合わせたところ、高温多湿を避け、一定の環境で保存していれば、何十年経過しても品質に問題ないというものだそうです。
 
ただ、実際は、冬場の乾燥や、夏場の高温多湿になる環境での保存になることが多く、特に梅雨時期はテーピングの品質が損なわれることがあるので、注意が必要です。
安いからと言って、大量買いした結果、使えないということにならないよう注意して下さい。

 

横置きが原則

 
多くの商品は、ロールにテープが巻かれている仕様になっています。テープが巻かれているテンションは一定のため、テーピングに不要な圧がかかると、テンションが崩れ、巻く際に不都合が生じます(テーピングを出しにくくなる、巻きにくくなる)。テープを引き出す際に,いわゆる「引っかかったような状態」となり,これだけで,巻くスピードが落ちてしまいます.そして,もっと重要な事は、テーピングのテンションが崩れることで、皮膚に貼付する際に、「しわ」を生み出し、それが「かぶれ」につながってしまう恐れがあります。
 
かぶれは,テーピングの最大の弱点であります.テープかぶれを引き起こすと修復するまで,しばらく貼付できません.免疫の低下した高齢者の場合,そこから菌が入り,
感染してしまう恐れもあります.
 横置きで保存するという,ちょっとしたことが,後々貼付の際にも影響がありますので、注意しましょう. 
 

温度・湿度 

 

最初に述べましたが、高温多湿の場合、テーピングの品質が損なわれる恐れがあります。特に粘着剤への影響は大きく、ネバつきなどを生じる可能性があります。
大量買いした場合、置き場所に困ることもありますが、なるべく一定の気温、湿度で保管できる場所がおすすめです。
 
間違っても、車のトランクなどで保存しないようにしてください(失敗経験あり…)。
 
未開封であれば,出荷時の状態を維持しやすいですが,一度開封すると大きく影響を受けます.その場合,食品保存用袋のようなもので密封していれば,
比較的環境の変化からの影響が少なくなるため,わたしたちはそのように対応しております.梅雨時期に,ある部活動のトレーナーズバックに入っているテーピングを使用した際,剥離紙が湿度でフニャフニャになってしまって,全く使用できなかった経験もあります.使わずに破棄してしまうのは,非常にもったいないので,できる限り品質管理もしていきましょう.
 

パッケージやカバー,保護材を利用

 
パッケージを開封した後,そのパッケージに戻し保存することをおすすめします.テーピングの型崩れの防止や密封をしっかりすれば環境変化からの影響も軽減できます.また,テーピングのロール(芯)の形に合わせて、保護材がついている商品があります。保護材はテーピングを守ってくれる役目をしているため、途中使用でもそれに収めて保管しておくことをおすすめします。パッケージ同様に型崩れを防ぎ,さらには「横置き」しやすくなるため,大変便利です.
 
テーピングは横置きが原則ですが,同じ方向を下にしておくと,粘着剤でベタツクこともあります.その場合でも保護材があれば,ベタツキを最小限に抑えることがあります.
 
 

テーピングは非常に繊細です。横置きで外力から守りましょう 

 

温度や湿度の影響も大きく受けますので、保存場所には気を付けましょう。

 

購入した際のパッケージ、保護材を有効活用しましょう。

 


ホーム 協会について テーピングセミナー おすすめテーピング お問い合わせ