日本医科学テーピング協会:テーピングポータルサイト

誰でも簡単に習得できるテーピングメソッド

現在「○○テーピングセミナー」という講習会は数多く存在しています。その多くは、対象がスポーツ選手に限られていたり、テーピング貼付による効果があいまいで、即時効果を感じられないものがほとんどです。
 

一般の方向け

 周りの人で膝や腰が痛い人に何かしてあげられることはありますか?またご自身でも関節の痛みで、日常生活が行いにくくなったり、外出がしづらいことはありませんか?サプリメントなども良いですが、即効性があり、その場で痛みが軽減するテーピング技術を身につけてみませんか? 方法はちょっとしたコツをつかめば、すごく簡単です。テーピングを巻いて、ご自身も周りの方も違う人生を歩みましょう!
 

専門家向け(医療従事者、トレーナーなど)

 目の前の患者様、選手を満足させてあげられる方法、しかも即時効果がある手技をお持ちでしょうか。
テーピングは「ファーストチョイス」であり、「最終手段」でもあります。この技術を身につけれれば、セラピストとして、治療家として、そしてトレーナーとして違うあなたになることは確かです。
 
私たちが提唱するテーピングは、5つのポイント!
 
1.運動学、運動力学的観点から動作を捉え、その患者、選手に応じたテーピングを提供します。
2.患者が呈している問題点(疼痛や不安定性など)を瞬時に改善させます。
3.疼痛改善、障害予防という「負」の観点から、パフォーマンスアップなど「正」の要素を引き出します。
4.複雑なテーピング技術ではなく、限りなく本数を少なくし、最終的には自身が貼付できる方法につなげていきます。
5.テーピングの対象は中高齢者の整形外科疾患からスポーツ選手まで幅広く対応します。
 
他では学べない、すぐに結果が出せるテーピングテクニックをぜひ習得ください。

 

 

テーピングの歴史

テーピングの始まり〜普及

近年の流れ

 

テーピングテープとは

テーピングの種類@

テーピングの種類A

役立つテーピング関連商品@

役立つテーピング関連商品A

 

テーピングの扱い方

切り方

テーピングの持ち方

貼り方

剥がし方

 

テーピングの注意事項

保存方法

貼付時の注意事項@

貼付時の注意事項A

禁忌事項

 

テーピングテープの目的

応急処置として

傷害予防

再発予防

パフォーマンスup(次世代テーピング)

 

テーピングの基本手技

アンカー,縦・横・Xサポート

スパイラル

スプリット

テーピング肢位

 

スポーツテーピングとは

制動・固定の理論

適応と限界

 

生活テーピングとは

理論的背景

適応と限界

 

テーピングにおける診療報酬(専門家向け)

絆創膏固定術

自費価格設定

 

テーピングの具体的貼付方法

足首

 

次世代テープの誕生

かぶれを究極に引き起こしにくい次世代テープ

 

次世代・第三世代テーピングテクニックとは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相互リンクとランキングプラス

 

美容健康ランキング


ホーム 協会について テーピングセミナー おすすめテーピング お問い合わせ